コスメレビュー女子【イマドキ女性図鑑No.157】

イマドキ女性図鑑№157では、「コスメレビュー女子」をとりあげました。
#美容垢や#コスメ垢とよばれるアカウントです。
化粧品会社の開発担当者か?と思えるほどに丁寧に品質評価をしているのです。

「スウォッチ」という、一般社会では耳慣れないことばをよく見かけます。
【swatch】:素材見本のこと
メイク愛好家の間では手(腕)につけて発色やラメの具合などを比較すること。

メイク製品というのは外観とつけ色が違う、失敗しないようにするためにはタッチアップが重要なのですよね。
それを代わりにやってくれて情報をアップしてくれるのがコスメ垢です。

SNSをする女子というと、「映え」を気にする承認欲求のカタマリでしょ?
というのはちょっと前の話です。
今は、どれだけひとのために役立つ情報をわかりやすく丁寧に伝えることができるか?という人が増えています。
人気のアカウントになったら、ブランドのイベントにお呼ばれとかサンプルをもらえたりとメリットがあってそれはそれで楽しいですが、
「誰かのお役に立ちたい」と、その人の根っからのホスピタリティがエネルギーとなっている人は強いです。
実際にモノも売れるので、メーカーとしても注目しています。
「キラキラのわたしを見て♡」という人、今の時代は暑苦しいし古くさいし、ってかフォロワー買ってそうでイタイ..。
と、昔の王道タイプのインフルエンサー像は古びてしまったのかもしれません。
(でも、そういうタイプの人も、鋼のメンタルで達人の域になっていれば、やっぱり人気です)

※こちらは1月に発表したイマドキ女性図鑑の解説です。最新のイマドキ女性図鑑は月刊 女性潮流研究所で発表しています。
次号は4月25日に会員企業様にお届けします。
*最近の記事ベスト3はコチラです

企画に必要な流行分析の能力を身につけたい人へ

【女性マーケティング】2018年までの総括と2019年予測

若い世代の○○○たくない欲求がすごい!【若者インサイト】

この記事は「月刊 女性潮流研究所」の定期購読企業様専用ページです。
ご契約のメールアドレスとパスワードでログインしてください。
※定期購読にご興味がある企業様へ→お申込ページをご覧ください。
※定期購読の企業会員様へ→パスワードはお送りしている「月刊 女性潮流研究所」の最新号をご覧ください。

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。