ていねい疲れの今のタイミングに女性のココロをグッとつかむ共感コンセプトは何でしょうか?【女性のファッション、ライフスタイル、メイクの流行】

2018年夏の終わりにちょっと変化がありました。
20代~大人層まで、「頑張らない」「ラク」ということばがファッションやライフスタイル提案として使われだしたのです。

◆“丁寧に暮らす”より楽に暮らす(HERS8月号)
◆“一枚でサマになる!” “オシャレ上手にみられる”から夏は一層頼りになります! 「ミラ オーウェン着るだけ」で頑張らないのに素敵な人!(andGIRL8月号)
◆可愛い!涼しい!らくちん!もっともっと、夏ワンピ!(mina9月号)
◆「しない」と決めると、人生はラクになる(婦人公論8/10号)
◆ラクなのに!「ちゃんとして見える」コツ163(CHANTO9月号)

これらの現象は「ていねいなくらし」トレンドのゆりもどしと言えそうですが、ちょっと前の「時短ブーム」とはちがいます。
商品企画をする人はどのようにこのトレンドをつかんだらよいのか?、それが今回のテーマです。
さてさて、ていねい疲れの今のタイミングに女性のココロをグッとつかむ共感コンセプトとは一体どんなものでしょうか?

この記事は「月刊 女性潮流研究所」の定期購読企業様専用ページです。
ご契約のメールアドレスとパスワードでログインしてください。
※定期購読にご興味がある企業様へ→お申込ページをご覧ください。
※定期購読の企業会員様へ→パスワードはお送りしている「月刊 女性潮流研究所」の最新号をご覧ください。

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。