【7/25配信】月刊 女性潮流研究所7月号(2018年)【女性トレンド】

2018年7月の「月刊 女性潮流研究所」

2018年7月25日に153号をお届けいたしました。実は、7月25日は弊社の創立記念日でした。法人化したのは2006年のことだったのですが、女性潮流研究所の1号目は2005年の7月のことでした。
13年目に突入したわけですが、スタート当時と変わらず楽しくウキウキと続けていることに驚いています。
今月からWEB版もスタートいたしました。ますますご活用いただけると幸いです。

●2018年7月の女性潮流研究所では雑誌数85誌/見出し数1,571本の分析を行いました(詳しい誌名リストは最後をご覧くださいね)。

誌面でご紹介したのは以下6つの考察でした。WEB版には「トレンド分析力チェック問題」として順次アップしていきます。会員企業様はメールアドレスとパスワードでログインしてくださいね。

Q1:消費者に興味を持ってもらうために必要なのは×××××××いる感。それは何でしょうか?

Q2昔だったらヒットしなかったものが、時期が変わることで大ヒットする理由とは?(改題しています)

Q3:
今の若い世代とひとつ前の世代の若い世代よりも、百貨店コスメやブランドアクセサリーに好感を持つのはなぜでしょうか?

Q4:一般的な人(知識レベルが高すぎず低すぎずの中間レベルの人)が習慣的に使っていたものを変えるためにかかる時間が意外と長いということについて、最近の例を挙げてください。

Q5:「××だけでいい」というコンセプトは2つのアプローチがあります。それは何でしょうか?
①×××
②×××

Q6:ていねいな暮らしブームの揺り戻しで、「家事やめよう(減らそう)」のトレンドが来ています。ていねいな暮らしの前に起きたのはどんなトレンドだったでしょうか?

対象としたのは以下の女性誌です。
ar/up plus/anan/andGIRL/&Premium/&ROSY/InRed/25ans/ViVi/with/VERY/VOGUE JAPAN/VoCE/eclat/ESSE/ELLE japon/oz magazine/Oggi/大人のおしゃれ手帖/オトナMUSE/家庭画報/からだにいいこと/kiitos./CanCam/GINZA/Kurashi/CLASSY./GLITTER/CLUEL/CREA/GLOW/クロワッサン/kodomoe/saita/サンキュ!/JJ/GISELe/SPUR/GINGER/Sweet/steady./STORY/SPRiNG/CHANTO/天然生活/Domani/nicethings/NYLON JAPAN/ナチュリラ/日経WOMAN/日経Health/non-no/PERK/HERS/Harper’s BAZAAR/BAILA/Hanako/HONEY/美人百花/美ST/bizmom/美的/FUDGE/FIGARO japon/婦人画報/婦人公論/FRaU/PRESIDENT WOMAN/Precious/Mart/MyAge/MAQUIA/mamagirl/Marisol/ミセス/mina/mini/mer/MORE/LOVEggg/LEE/Richesse/リンネル/Ray